スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや外国人参政権賛成派に根拠は無い~傍論判事が告白!

 永住外国人への地方参政権付与問題で、賛成派が主文を無視し、意図的に持ち上げてきた傍論(裁判官の個人的なつぶやき)の発言者までもが民主党の進める参政権法案に反対の立場である事が明らかになりました。

「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白

 平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。

 園部氏が判決の背景として、「政治的配慮」に言及したことは、最高裁判決の当事者としては極めて異例の発言といえる。

 判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。

 判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。

 園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。

 ■外国人地方参政権に関する最高裁判決 永住外国人に地方参政権を認めない公選法などの規定は、住民自治を定めた憲法に違反すると、在日韓国人9人が起こした訴訟の上告審で最高裁第3小法廷は平成7年2月、「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」とした一審判決を支持し、原告の請求を棄却した。ただ、判決理由の判例拘束力のない「傍論」部分で「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」との判断も示し、地方参政権付与推進派を勢いづかせた。

関連記事「園部元判事証言、外国人参政権推進派には大きな打撃」
    「『外国人参政権判決は金科玉条ではない』園部元判事の証言要旨」
(前略)
 韓国や朝鮮から強制連行してきた人たちの恨み辛みが非常にきつい時代ではあった。なだめる意味があった。日本の最高裁は韓国のことを全く考えていないのか、といわれても困る。そこは政治的配慮があった。
(中略)
別の地域に移住してそこで選挙権を与えるかというと、それはとんでもない話だ。
(中略)
 (一般永住者への付与は)あり得ない。
(中略)
 判決とは怖いもので、独り歩きではないが勝手に人に動かされる。(参政権付与法案の政府提出は)賛成できない。これは国策であり、外交問題であり、国際問題でもある。
 最高裁大法廷で判決を見直すこともできる。それは時代が変わってきているからだ。判決が金科玉条で一切動かせないとは私たちは考えてない。その時その時の最高裁が、日本国民の風潮を十分考えて、見直すことはできる。
(MSN産経ニュースより抜粋の上、転載)

 先月、参政権付与賛成派の理論的支柱である長尾教授が自説の誤りを認めた、というニュースが流れたばかりです。
 これで、賛成派の根拠はほぼ消滅してしまった、と言って良いのではないでしょうか?

 しかし、法の番人である裁判官、それも最高裁の判事が政治的配慮をするなど、本来は三権分立に反する行為ではないでしょうか?
 しかもその根拠が、既に論理破綻している所謂「強制連行説」に基づいているのですから、開いた口が塞がりません。
 最高裁は、速やかに判決を見直すべきだと思います。

 それにしても産経新聞さん、

   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//




 外国人への参政権付与の根拠はこれで完全に消滅した、と思う方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 外国人参政権問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。