FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤旗」配布無罪判決でこうも違うマスゴミの社説

 身内にやさしいアカヒ新聞が、またまた珍社説発表です。


赤旗社説


 「昔はイデオロギー対立があり、公務員の政治活動を厳しく取り締まる必要はなかったが、今は民主主義が成熟し、表現の自由の方が大切になった」とありますが、保革のイデオロギー対立は未だに国会内で続いており、冷戦が終結したのも欧州限定の話です。中国や北朝鮮などの左翼全体主義国家が隣にある状況下で、民主党や社民党、共産党はその影響を強く受けています。そんな状況で、「民主主義が成熟した」などとは口が裂けても言えない筈ですが・・・?

 また、「いかにも軽微な行為を罪に問うことが横行すれば、社会が委縮する」などと書き、それが「民主主義の妨げ」と主張するのはいかがなものでしょうか。
 駄菓子1個万引きしようが、何百万円もする宝石を盗もうが、窃盗という罪には変わりありません。
 軽微な行為を罪ではない、と言うならば、それこそ権力に裁量の余地が出来、中国のような「袖の下文化」の下地を作ることになるのではないでしょうか?
 それとも朝日は、横行する民主党の政治資金規正法違反について、「民主主義の妨げ」になるから捜査をやめろ、と暗に主張しているのでしょうか?


 それでは、こんな駄回答の社説よりもよっぽどましな模範解答を提示して終わりにしたいと思います。


【主張】公務員の赤旗配布 適正さ欠く逆転無罪判決

 公務員でありながら共産党機関紙「しんぶん赤旗」を配った行為が問われた元社会保険庁職員に対し、東京高裁は1審の有罪判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

 高裁判決は、公務員の政治活動を制限した国家公務員法そのものは合憲としつつ、機関紙を郵便受けに配った行為まで罰するのは表現の自由を保障した憲法に違反するという趣旨だ。その理由を「被告は管理職ではなく、休日に自宅近くで、公務員であることを明らかにせず、無言で配布したにすぎない」としている。

 しかし、最高裁は昭和49年、郵便局に勤める全逓組合員が社会党(当時)候補の選挙運動を行った行為が国家公務員法違反に当たるとして、有罪判決を言い渡している。その後、公務員の政治活動をめぐり、この判断が踏襲されてきた。今回の高裁判決はこれを大きく踏み出しており、疑問だ。

 高裁判決は、最高裁判決以降、冷戦の終息などに伴って国民の法意識や公務に対する意識が変わり、公務員の政治的行為にも許容的になってきたとしている。だが、いまなお、日本の周辺は中国の軍拡や北朝鮮の核開発など新たな脅威も生まれている。

 最高裁判決のころと時代が変わったことは事実だが、高裁の判断は少し一面的ではないか。当時も今も、公務員に政治的中立性が求められる状況に変わりはない。最近も北海道教職員組合(北教組)の違法献金が発覚し、公務員の政治的行為に対する国民の目はますます厳しくなっている。

 高裁判決は、機関紙配布が「中央省庁の幹部のように地位が高く、大きな職務権限を有する者によって行われた場合」は別論だとしているが、この判断も問題だ。公務員は管理職であろうと一般職員であろうと、公のために奉仕する義務を負っている。地位や身分にかかわらず、政治活動を制限されるのが法の趣旨である

 また、高裁判決では「日本の国家公務員の政治的行為の禁止が諸外国より広範なものになっている」として、世界基準の視点などから再検討を求める異例の付言もした。その場合も、まず国益を踏まえることが重要だろう。

 地方公務員や公立学校の先生の違法な政治活動に罰則はないが、行政処分が科される。今回の判決が公務員全体の職場規律などに与える影響が懸念される。上告審での適正な判断を待ちたい。
(MSN産経ニュースより転載)














【告知1】 
「過去現在未来塾」発足記念講演会

 国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されています。
 そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように中山成彬元文科大臣を塾長に、「過去現在未来塾」が創設することになりました。
 その発足記念講演会が、下記で行われます。

日比谷公園野外音楽堂
平成22年4月10日午後2時~6時まで






身の安全を守るのに、民主政権は当てにできない、と思われた方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 裁判 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。