スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主政権の危機管理能力は村山左翼政権と同レベル

 これが民主党の「危機管理」です。

「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、地震時の中井防災担当相を批判

 福島県沖で14日に震度5弱の地震が発生した際、知人女性と都内の映画館に居続けたと「週刊新潮」の報道に指摘された中井洽(ひろし)防災担当相に対し、自民党の佐藤正久参院議員が29日の参院災害対策特別委員会で、「映画を楽しむ状況にはない」と追及する一幕があった。

 中井氏は当日の状況について、地震の第一報を受けて、いったん映画館の外に出て秘書官と連絡を取り合ったと説明。その後、再び映画鑑賞に戻ったことを認め、「第一報で被害はなく、その後も秘書官から連絡はなかった」と対応に問題はなかったとの認識を示した。

 これに対し、イラク派遣の陸上自衛隊先遣隊長として、部隊の危機管理に当たった経験がある佐藤氏は、「発生直後の第一報で被害がわかるわけがない!」と指摘。実際に大きな被害が生じていれば対応に遅れが出たとして、中井氏を批判した。

(MSN産経ニュースより転載)

 この記事でなまくらが思い出すのは、平成7年の阪神淡路大震災です。
 当時の村山社会党党首(こいつを首相などと呼びたくない!)は発生当時、「大変だねぇ」と他人事のように閣僚たちとTVを見ていたとか。
 この左翼政権が不作為で殺した人の数は6千人以上。もし、すぐに自衛隊に出動命令を出していたら、そのうちの何割かは助かったのかもしれないのです。
 しかし、「憲法9条を守るのが危機管理」の左翼政権では、成す術もありませんでした。

 これと同じメンタリティを、中井担当相に見ることが出来ます。
 なまくらが住んでいる地方自治体によると、防災担当部署は、震度3でも担当職員に非常招集をかけて情報収集にあたります。震度4でダムなど重要構造物の管理担当者、震度5弱なら、土木事務所などインフラ管理部門は全員登庁するそうです。
 中井クンのように電話が来るのを待っていては、対応が後手後手に回り、取り返しのつかないことになる可能性があるからです。
 ヒゲ隊長の指摘はごく当たり前の話なのです。

 鳩山政権が発足した時、いくつかのブログが「この政権が危機管理能力が無いのは、阪神淡路大震災時の対応から推定できるから、自己防衛をして大災害に備えよ」と警告を発していましたが、このニュースを見て、推定から確信に変わりました
 どうか皆さん、災害が起きても自衛隊の出動など当てにせず、自力で生き延びて下さい。政府は何もしませんから。(在日外国人の方々なら、一番に助けてくれるかもしれませんが)
 


【告知1】 
「過去現在未来塾」発足記念講演会

 国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されています。
 そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように中山成彬元文科大臣を塾長に、「過去現在未来塾」が創設することになりました。
 その発足記念講演会が、下記で行われます。

日比谷公園野外音楽堂
平成22年4月10日午後2時~6時まで






身の安全を守るのに、民主政権は当てにできない、と思われた方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。