FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒ギョーザ容疑者逮捕!…生贄じゃないの?

 まずは、解決に向けて一歩前進、といったところでしょうか??

ギョーザ中毒事件で容疑者拘束 「天洋食品」元臨時工 中国、待遇などに不満 2年ぶり、解決へ

 中国の警察当局は26日までに、2008年1月に発覚した中国製ギョーザ中毒事件で、ギョーザに毒を入れたとしてギョーザ製造元「天洋食品」(河北省石家荘市)の元臨時工、呂月庭容疑者(36)=河北省出身=を拘束した。新華社電が伝えた。
(後略)


【毒ギョーザ逮捕】供述で注射器2本発見 メタミドホス付着 待遇面に不満か 警察庁発表

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安部が身柄を拘束した天洋食品工場臨時工、呂月庭容疑者(36)が、中国の公安当局に対し、犯行動機について「長期間臨時工として勤務したが、正社員にしてもらえなかった」などと、待遇面の不満を供述していることが27日、分かった。警察庁が中国公安部から受けた情報として発表した。

 警察庁によると、中国公安部は既に、呂容疑者の供述に基づいて犯行に用いられたとみられる注射器2本を下水から押収。注射器の針から有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されているという。

 中国側はこれまでのところ身柄拘束の容疑について伝えてきておらず、平成19年12月から20年1月にかけて兵庫、千葉両県で3家族計10人が中毒になり、女児1人が一時、意識不明の重体となるなど大きな健康被害を出した事件に関するものかどうかは不明という。呂容疑者は河北省出身。臨時工として食堂の管理人を務めていた。


(ともにMSN産経ニュースより転載)


 この事件は当時の中国が、「日本で混入したものだ」と言って中国国内での混入を否定したことから、日本人の中国に対する不信感がさらに増大、弱腰の対応をとった福田首相(当時)も非難を浴びました。
 一方で、宮崎放送(MRT=TBS)の河野武文アナが「中国製食品のクレームは他国製に比べてそれほど多いわけではない」などと必死に擁護、露骨な親中姿勢を示したのも宮崎県の読者なら覚えておられる方もいるかもしれません。

 それから2年、ようやく容疑者が逮捕されたわけですが、なまくらはどうも腑に落ちません。
 あれだけ中国国内での混入を否定し、日本側に罵詈雑言を浴びせていたのに、2年もかかったとはいえ、国内での混入を認めて犯人を逮捕したのです。
 中国のやり方を知っている人なら、「裏がある」と疑ってかかって当然ではないでしょうか。

 当局が身柄拘束の容疑を伝えていないことも腑に落ちない理由の一つです。
 もしかしたら、少数民族出身者であったり、反政府組織の一員かもしれません。
 日本のメディアは、この容疑者の身辺を徹底的に調査する必要があるのではないでしょうか。

 あるいは、別の見方として、民主党が中国に何か便宜供与して、その見返りに容疑者を逮捕したのかもしれません。

 第一、注射器が犯行の道具って、メタミドホスは袋の外側に付着していたんじゃなかったでしたっけ?
 
 そんなこんなで、この人物が犯人、あるいは単独犯とはとても思えないのです。


 まあ、犯人が逮捕されようが何だろうが、なまくらはチャイナフリーを継続しますが。





これからも中国製品は買いません、と思われた方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 思うのは私だけ? - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国産は信頼できますか?

「中国産(製)の食品は信頼できますか?」   中国冷凍食品 08年輸入減少  日本冷凍食品協会が会員のうち29社を対象にした調査による...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。