FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売国法案が首の皮1枚で阻止されている、という事実

 今日は嬉しいニュースと、懸念のあるニュースを取り上げます。

 まずは嬉しいニュースから。
 おかげ様で、「“外国人参政権”で日本がなくなる日 (別冊宝島 ノンフィクション) 」がアマゾンで売上ランキング1位に輝きました。
 「IQ84」など、強豪を押しのけての1位ですから、ネットの力恐るべし、です。(ただし、今日はもう2位になりましたが(^^ゞ)

 さらには、夫婦別姓法案について、このような動きが。

夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす
(前略)
 東京・有明で開かれた「夫婦別姓に反対し家族の絆(きずな)を守る国民大会」(呼びかけ人・ジャーナリストの桜井よしこ氏ら)で、亀井氏(中略)は「孤立無援の戦いになろうとも、秋の臨時国会でこの法案が成立しないためにも死力を尽くしてがんばり抜く」と強調した。
 集会には約5100人が参加し、民主党から吉田公一、長尾敬両衆院議員も出席した。自民党からは下村博文元官房副長官のほか衛藤晟一(せいいち)、山谷えり子、有村治子の3参院議員が出席無所属の平沼赳夫元経済産業相も駆けつけた吉田氏は「体を張って頑張って日本の伝統を守る」と法案反対を表明した。民主党議員が公の場で反対の立場を明確にするのは異例だ。

 集会では252万人の国会請願署名が集まったことが報告され、各党・会派の代表に署名簿が手渡された。夫婦別姓に反対する地方議会での議決を求める運動方針も確認した。
(MSN産経ニュースより転載)

 集会への参加予定者5000人に対し、5100人が集まった、ということ、さらには国会請願署名が252万人分も集まったということは、凄く大きな意味を持つと思います。
 民主党はこれだけの数の声を無視してゴリ押ししていくつもりでしょうか?


 さて、次に懸念のあるニュースを。

<山岡国対委員長>外国人選挙権法案は今秋以降に先送り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100318-00000124-mai-pol
3 月18日22時48分配信 売日新聞

 民主党の山岡賢次国対委員長は18日夜、東京都内の韓国大使館で、権哲賢駐日韓国大使と会談し、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について「参院選があるからできないが、選挙が終わったらやる」と述べ、今秋の臨時国会以降に先送りする考えを示した。山岡氏は社民党の辻元清美衆院議員、国民新党の下地幹郎国対委員長らと共に食事会に参加。権大使が地方選挙権付与法案の今国会での対応を尋ねたのに対し、答えた。
(ブログ「璧を完うす」様より転載)

 つまり、国民にとってメリットの無い政策だから、選挙が終わるまではひた隠しにします、というわけですか。一体、どこまで腐った奴らなんだ!

 さらに、
韓国大統領の4月来日延期=9月以降で再調整か

 4月9、10両日で調整していた韓国の李明博大統領の来日が延期されることが17日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。大統領は、日韓両首脳が相互訪問する「シャトル外交」の一環で来日する予定だった。延期は韓国側が申し入れたもので、9月以降の日程で再調整するとみられる。
 韓国は日本に対し、永住外国人への地方参政権付与を求めているが、政府・与党内で意見が分かれ、参政権を付与する法案が今国会で成立する見通しは立っていない。また、8月に韓国併合から100年を迎えることを踏まえ、韓国内の反日機運が高まりつつある。 
 こうした中、6月に統一地方選を控える韓国では、青瓦台(大統領府)を中心に「成果が期待できないので首脳会談は先送りすべきだとの声が強まった」(政府関係者)という。(2010/03/17-21:24)
(時事ドットコムより転載)

 要するに、韓国は日本に対し、永住外国人への地方参政権付与を求めているが、成果が期待できないので首脳会談は先送りすべきだ、と考えているわけですね。
 さすが小中華思想の国、やり方が中国そっくりです。そこまで露骨に内政干渉して良いものでしょうか?

 さらにさらに、上記の国民大会の記事中に、こんなやり取りが紹介されていました。

  国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は20日、鳩山由紀夫首相と17日に会った際、選択的夫婦別姓制度を導入するための民法改正案について、国民新党が国会で反対することを容認する代わりに亀井氏自身は閣僚として閣議決定に応じるよう求められたことを明らかにした。亀井氏は拒否したという。首相は、自民党にも一部、法案に賛成する議員がいることから、政府が提出すれば国民新党が反対に回っても成立すると判断したとみられる。

 東京・有明で開かれた「夫婦別姓に反対し家族の絆(きずな)を守る国民大会」(呼びかけ人・ジャーナリストの桜井よしこ氏ら)で、亀井氏が語った。

 それによると首相は17日、亀井氏に「国会に出すだけ出させてください。国民新党は反対してもかまいません」と持ちかけたという。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相や千葉景子法相からも法案提出を認めるよう再三要請されていることも明かした。

(MSN産経ニュースより転載)

 「採決で反対しても良いから、取りあえず閣議だけは通させてくれ」
 これが民主党のやり方です。閣議を通過したら最後、汚沢の締め付けと公明党、社民党の賛成により、法案があっという間に成立してしまうのは目に見えています。

 前半の華々しい戦果の裏では、実は我々国民の安全が首の皮1枚で繋がっている、ということを如実に示した記事だと思います。

 
 


首の皮1枚で助かっているという事実に戦慄を覚えた方、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

コメント

もっと国民が反対の意思を!

もっと国民が反対の意思を強く示す必要があります。

Re: もっと国民が反対の意思を!

> もっと国民が反対の意思を強く示す必要があります。
そうですね、それには一般の人達に気付いてもらうことが大切です。何か良い方法はないですかね?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5100人が夫婦別姓反対国民大会に集結!・首相、夫婦別姓法案で閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす・鳩山が亀井に「国会に出すだけ出させてください。」・提出すれば成立してしまうので亀井は拒否・夫婦別姓

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 5100人が集合した【夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会】東京ビックサイト2...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。