FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休分散化案のウラに何がある?

 人民日報東京支局が、またまたオモシロ記事を書いてくれました。

休日分散化に対するアカヒ意見
(3月14日 朝日新聞朝刊より転載)

 ここに言わせると、休日分散化案は「日本の経済は八方ふさがり」なので、「カレンダーを塗り替え、人々の時間の使い方を変えることで消費を増やすのは、一つのアイデア」になるらしいです。
 祝日の持つ意味合いを全く考えない、非常に珍妙な発想です。

 国民の祝日とは、「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」(「国民の祝日に関する法律」第1条)であり、戦前は皇室祭祀に因んだ「祝祭日」が基になっています。
 つまり、国民が皇室とともに祝ったりお祭りをする日が「国民の祝日」なのであって、仕事や学校が休みになる、単なる「休日」とは意味合いが異なるのです。
 紀元節を建国記念の日と言いかえたり、新嘗祭を勤労感謝の日と言いかえたりして、巧みに皇室色を希薄化させていった祝祭日に意味合いが、ますます分からなくなるのは必至です。
 勿論、民主党議員にそんな意識は欠片もないでしょうし、アカヒはこれに便乗して巧みに皇室色の払拭に努めているのでしょう。

 そんなアカヒに「有給の取得率が低い」と指摘され、「休みをとるのが当たり前という文化を根付かせる」と主張されても、「何か裏があるな」と思うだけです。
 






 朝日社説のウラを知りたい、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

No title

祝日には色々な意味合いがあります。
祝日を単なる休みと考えている民主党は、文化を破壊する政党です。

Re: No title

そもそも文化や伝統を軽んじる団体ですからね。民主党も朝日も。
だから、軽々しく「チェンジ」などと言えるのでしょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。