スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指すべき「グローバルスタンダード」

 これが「グローバルスタンダード」なんでしょうね。

【チリ大地震】被災者が略奪行為、一部に夜間外出禁止令 死者700人突破

 【ワシントン=犬塚陽介】巨大地震に見舞われた南米チリのバチェレ大統領は2月28日の会見で、死者数が大幅に増加し、708人になったことを明らかにした。行方不明者も増加しており、今後も死者数が増える可能性が高い。震源地に近い中部のチリ第2の都市コンセプシオンなどでは、被災者が略奪行為を繰り返すなど治安が悪化しており、政府は夜間外出禁止令を出し、一部地域に軍を展開して警戒を強めている。
(中略)
 一方、震源地に近いマウレ州やコンセプシオンでは混乱に乗じて商店や銀行への略奪行為が相次いでいる。AP通信などによると、市民らは水や食料、現金などを狙ってスーパーマーケットや銀行などを襲っている。警察当局は催涙弾や放水などで対応しており、一部が暴徒化しかねないとの懸念も出ている。

 このため、政府は両地域に夜間外出禁止令を発令。バチェレ大統領は軍が治安維持を担当することを許可する大統領令を発令し、治安の維持に努めている。
(後略)

 先日発生したハイチの大地震の際にも、略奪行為が多発したのは、記憶に新しいと思います。
 まあ、ハイチの場合は世界最貧国の一つで、政情も不安定なので、さもありなん、という感じがしますが、チリは1人当たりのGDPが1万ドル以上、ブラジルやアルゼンチンよりも裕福な、南米一の先進国(世界レベルでは中進国?)です。
 そのような国でさえ、巨大地震が発生し、社会がマヒ状態に陥ったら、この有様です。
 それどころか、世界一の先進国であるアメリカでさえ、大地震や大停電のたびに、略奪・暴動に備えた軍や警察を動員しています。(実際に、ノースリッジ地震やハリケーン・カトリーナ、NY大停電などで発生しています)

 翻って、日本の場合はどうでしょう。
 近年、東北や北陸地方を中心に震度6クラスの地震が多発、多くの家屋が倒壊していますが、略奪行為や暴動が起きた、というニュースは聞いたことがありません。
 もっと言えば、あの阪神淡路大震災の時でさえ、暴動は言うに及ばず、略奪行為すらほとんど発生しませんでした。
 それどころか、炊き出しにきちんと列をなす被災者達の姿を見た海外メディアは、一様に絶賛しています。

 日本人が当たり前、と思っているこうした光景が、世界の目には驚くべき光景に映るのです。
 これは、世界に誇る事ではないでしょうか。
 世界で大災害=暴動・略奪という図式が出来上がっている中、被災時にも秩序正しい日本人の姿は、世界の手本であり、目指すべき「グローバルスタンダード」ではないでしょうか。
 MPJ内のコラムで三橋さんが書かれた「世界帝国の条件」http://mp-j.jp/modules/d3blog/tb.php/18は、こんなところにもあるのです。




 秩序正しい日本人の姿は、この国の誇りだ、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。