FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣、対馬、沖縄を未来の竹島にするな!

 一昨日は八田與一氏の生誕124周年、そして昨日は「竹島の日」でした。

5度目の「竹島の日」 松江で記念式典

 わが国固有の領土にもかかわらず、韓国が不法占拠を続けている竹島。島根県が定めた「竹島の日」の22日、松江市で記念式典が開かれた。制定後5回目、新政権発足後初の式典には、民主党や政府関係者の出席はゼロだったが、下野した自民党からは石原伸晃組織運動本部長ら8人と過去最多の国会議員が出席、式典後は街頭演説会を開いた。

 出席したのは、青木幹雄前参院議員会長ら地元選出の国会議員と、鈴木宗男衆院外務委員長ら計10人。石原氏はあいさつで、高校教科書の指導解説書に領土問題が明記されなかったことについて「これが『友愛外交』なら、間違ったメッセージを発していると言わざるをえない」と批判、「自民党は国益を守る」と民主党との違いを強調した。

 一方、当選以来毎年出席している国民新党の亀井亜紀子参院議員は皮肉を込めて「昨年は私と父を入れて3人だったが、今年は県選出の先生もそろって本当にうれしい」と話した。

 民主党は「竹島の日」条例が可決された17年3月の県議会本会議で、当時県議の小室寿明衆院議員と同県連代表代行の2人が反対。このため民主党は竹島に及び腰との印象が地元に色濃く残っており、自民党などの攻勢材料となっている。

 式典後のシンポジウムに登壇した拓殖大の下條正男教授は「私たちが問題を正確にとらえなおし、取り組まなければいけない」と、国民自らが取り組む必要性を改めて強調した。

(MSN産経ニュースより転載)

 過去最多で10人ですか・・・
 ゼロよりはマシですが、これが今の国会議員の国家観なのか、と思うと情けなくて涙が出てきます。
 「真の保守政党をつくる」とか言っていた谷垣総裁は、ちゃんと出席しているんでしょうね!?

 今、「竹島は韓国併合の際、日本が奪い取った島だ」
と誤解している日本人の何と多いことか。
 それもこれも、真実を知らせようとしないマスゴミと左翼日教組に及び腰の文科省が創りだした負の遺産です。
 この韓国による不法占拠により、今までに40数名の日本人が犠牲になっているそうです。
 政府は、国家として彼らに報いなければならないですし、韓国に対しては厳重に抗議し続けるべきです。
 これ以上、既成事実を重ねられてはなりません。
 さもなければ、遠くない将来、「尖閣諸島の日」「対馬の日」「沖縄の日」が制定される日が訪れてしまうでしょう。


 最後の一文は嫌だ!と思う方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。