スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察「自民党解党の勧め」

 降ってわいたような第3極ブームに対し、自民党はどう出るのでしょうか?

【高橋昌之のとっておき】自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案

(前略)
 参院選はまだ3カ月後ですから、その行方はまだわかりません。しかし、私が今、一般有権者の方々とお話ししている感触でいえば、無党派層の参院選の投票行動は「民主党とその連立政権は期待に応えておらずダメ、だけど自民党はもっとダメ」という人が多いように感じます。

 各報道機関の世論調査でも、政党支持率でみんなの党が第3党になっているのは、そうした人々の感情の受け皿になっているからでしょう。したがって、今度の参院選のカギはこうした「第3極願望」が、選挙結果にどのような影響を与えるかだと思います。
(中略)
 このままでは夏の参院選で自民党が「勝利する」というのは難しいと思います。もしかすると「第3極願望」のあおりをもろに受けて、惨敗する可能性もないとはいえません。
(中略)
 仮に自民党が再生を果たせず、参院選で「敗北」という結果になったら、谷垣禎一総裁は辞任に追い込まれ、大混乱の中、総裁選が行われることになるでしょう。そして党内には「自民党が再生して政権に復帰するのはもはや不可能」「自民党にいては次の選挙を戦えない」という空気が充満する恐れがあります。

 一方、第3極の政党が参院選で国民の人気を集めて議席を拡大すれば、そうした自民党に希望を失った議員たちが、第3極の政党に流れていくかもしれません。そうなれば自民党は再生どころではなくなり、崩壊の危機に直面します。

 その場合、私にひとつの提案があります。それは新進党が過去に行ったようにいったん「解党」するということです。自民党を支持してきた方からすると「暴論」と思われるかもしれませんが、「解党」は後ろ向きのものではなく、「真の保守勢力再結集」のためのものです。

 つまり、自民党はいったん解党して、理念・政策を同じくする人たちがそれぞれ新党を結成し、「真の保守政党」として理念・政策を追究していく。そのうえで、理念・政策を共有できる政党同士が協議を行って連携関係を作る。それが積み重なって、最終的にはひとつの政党として合流し、「真の保守政党」を再結成するというわけです。

 私は冗談で言っているわけではなく、自民党が現在のように形だけ守り続けているよりは、いっそのこと、「いったん解党する」という大胆な再編を行った方が、「真の保守勢力の結集」は早いのではないかと思います。現に新進党は解党して多くの政党に分裂しましたが、その後、民主党として再結集し、政権交代を果たしました。

 いずれにしても、私は日本の政治には「真の保守政党」が絶対に必要だと思います。そのためにも「保守」を掲げる政治家は、本当の保守を追究し、果敢な政治行動をとってもらいたいと思います。
(MSN産経ニュースより)

 ついに産経紙にまで、「解党の勧め」を書かれてしまった自民党です。

 しかし、この記事をよく読むとおかしいと思いませんか?

>つまり、自民党はいったん解党して、理念・政策を同じくする人たちがそれぞれ新党を結成し、「真の保守政党」として理念・政策を追究していく。そのうえで、理念・政策を共有できる政党同士が協議を行って連携関係を作る。それが積み重なって、最終的にはひとつの政党として合流し、「真の保守政党」を再結成するというわけです。

 「たちあがれ」は「真の保守政党」を再結成するという平沼氏の理念の下、結成された党だと思います。
 であれば、こんな「解党宣言」などせずとも、自民党の保守派議員が「たちあがれ」に流れれば済む話です。

 また、小泉改革支持派の受け皿は既に「みんなの党」があり、外国人参政権や人権擁護法案に理解を示すリベラル派の受け皿は「民主党」があります。
 そうした理念もなく、利権欲しさに議員になったような奴は、そのまま自民党消滅の日まで自民党に残れば済む話です。

 どうせ、解党→再結成しても、マスゴミからは叩かれます。
 であれば、既存の新党にうまく吸収される方が良いのではないでしょうか?
 再結成は、それら新党が軌道に乗ってからでも良いでしょう。





【告知1】 
田母神俊雄講演会

 第29代航空幕僚長・田母神俊雄氏が宮崎県において2回目の講演会を行います。
 題して「誇りある日本を取り戻すためには」。

 日時:平成22年6月26日(土)13:30開演(13:00開場)
 場所:宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)演劇ホール(宮崎市)
 料金:前売券1500円、当日券2000円
 主催:日本の防衛を考える会 宮崎
 共催:日本会議宮崎
 後援:産経新聞九州総局
 チケット取り扱い:メディキット県民文化センターチケットセンター 0985-28-7766(9:00~20:00 月曜休館)
          宮崎山形屋 0985-31-3202
       宮交シティ 0985-51-1311
          ボンベルタ橘 0985-26-4241

 お問い合わせ:「日本の防衛を考える会 宮崎」事務局 代表 須河信子さん
        http://www.mnet.ne.jp/~poetry/boei/





平沼氏に期待しつつ、マスゴミ最悪!、と思う方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 自民党 - ジャンル : 政治・経済

自民党は党としての矜持を示せ

 またかよ、と言いたくなるような記事です。

「谷垣降ろし」加速も 反対勢力の一本化は不透明

 自民党の与謝野馨元財務相が谷垣禎一総裁ら党執行部の一新を求め、新党結成を検討していることが明らかになったことにより、党内で「谷垣降ろし」の動きが強まることは避けられなくなった。ただ、反執行部の動きは必ずしも一枚岩ではないうえ、昨年の「麻生降ろし」が衆院選大敗の一因になったとの見方も党内には多い。当面は反執行部の動きが一本化するかどうかが焦点だ。
(中略)
 ここにきて、自民党内の執行部批判も盛んになっている。
 舛添要一前厚生労働相は1日、低迷する自民党支持率を踏まえ「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向に行くだろう」と発言した。河野太郎衆院議員も4日、審議拒否戦術をとった党幹部の辞任を訴えるとともに、「自民党と民主党の中堅、若手が新党を作ろうという動きが出るのが、日本の将来のために一番いい」と政界再編にも言及した。

(後略)
(MSN産経ニュースより抜粋転載)


 いやね、なまくらも谷垣総裁の不甲斐なさは認めます。
 けれども、つい半年ほど前に自分達が選んだばかりの総裁じゃないですか。
 文句があるなら、総裁選に出馬して、堂々と戦えばよかったのですよ。
 それを、河野太郎氏は兎も角、舛添を始め、党内有力者はこぞって不出馬を表明したのではなかったのですか?
 自民党の支持率が上がらないのを、谷垣総裁と執行部のせいにして、自分達はマスコミに名前を売る、こういう輩を卑劣漢と呼ぶのではないでしょうか?

 はっきり言いましょう。自民党の支持率が上がらないのは、麻生政権時代にマスコミが散々自民党叩きをやって、(それも漢字の読み間違いとかカップ麺の値段が分からないなど、どうでもいいネタで)有権者側にその印象が未だに強く残っていること、政権交代後に自民党の存在感が希薄になり、今何をやっているのか、有権者側に伝わってこないこと、外国人参政権問題などを追求する国会を、マスコミが中継しないなど、未だに偏向報道がまかり通っていることなどのせいです。
 そして、目先の支持率に右往左往する軽佻浮薄な議員が自民党のだらしなさを強調しているからです。

 執行部がだらしないのは認めます。審議拒否戦術も、有権者目線では旧来の野党の悪あがき戦術と差異が認められませんでした。
 それを批判するのは結構です。汚沢主席の独裁民主党と違い、自由に意見を述べる雰囲気はあるのですから。
 けれども、それはマスコミの目の届かないところでおこなってほしいです。
 何で内紛劇をいちいちマスコミに見せる必要があるのでしょうか?
 仮に谷垣総裁が辞任しようとも、反執行部勢力が離党しようとも、それはその時に説明すれば良い訳で、中間報告など必要ないのです。
 有権者の目からすれば、TVをつけても(つけませんが)新聞を読んでも(産経・読売紙しか見ませんが)自民党ネタが「○○議員離党か?」「『谷垣降ろし』加速」などしか目に出来ないならば、保守派であっても「こりゃあかんわ」となってしまいます。
 例え、自民党が衰退の一途と辿るとしても、半世紀に渡って政権を担ってきた党としての矜持を示してもらいたいものです。



 自民党よ、しっかりしろ、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 自民党 - ジャンル : 政治・経済

自民党は大丈夫か?

平沼グループと山本有二氏の「のぞみ」が25日に勉強会

 無所属の平沼赳夫元経済産業相らの「平沼グループ」と、自民党の山本有二元金融担当相らの政策グループ「のぞみ」が25日に都内で会合を開くことになった。外国人地方参政権や夫婦別姓などの政策課題で意見交換する。
(MSN産経ニュースより転載)

 なまくらは、この「のぞみ」なる議員グループを知らなかったので、ちょっと調べてみました。

概要

 平成22年(2010年)1月19日、山本有二を代表として発足。外国人参政権付与の反対や憲法改正、社会保障政策などを提言していくとしている。 代表の山本は、派閥のサロン化に警鐘を鳴らしたいとして所属する高村派を退会したものの、他の議員は所属派閥を離脱せず、横断的な政策グループで派閥ではないとしている。参加する5人の議員は全員が平成21年自民党総裁選で西村康稔の推薦人に名を連ねていたが、谷垣禎一総裁ら現執行部への支持を明言した。

 当初、武田良太も参加を表明していたが、設立当日になって参加を取り止めた。

 また、全議員が鳩山邦夫が手料理を振舞う「有機野菜を食べる会」に参加しており、グループの背後に鳩山が居ると見られ、山本自身もその可能性を示唆した。更に、同じく保守を掲げる平沼グループとも水面下で連携している。
所属議員

* 山本有二(衆院・無派閥)代表
* 鴨下一郎(衆院・額賀派)
* 古屋圭司(衆院・伊吹派)
* 古川禎久(衆院・無派閥)
* 衛藤晟一(参院・伊吹派)

(以上、Wikipediaより引用)


 どうやら、自民党の中では「まともな」方のグループのようです。
 ただし、代表の山本議員がパチンコ議連に所属していたり、と、保守議員と呼ぶには「?」な面もあります。
 古屋さん、古川さん、衛藤さんの3人は真正保守派として名高い方々なので、安心です。

 それにしても、自民党はまだ衆参合わせて233人もの議員がいるのに、その中で平沼さんがコンタクトをとれるような保守系グループがたった1組5人とは・・・
 こりゃ、自民党の支持率が低迷したままなのも、むべなるかな、といった感じがします。
 執行部は、早く自覚すべきではないでしょうか。



 自民党しっかりしろ、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 自民党 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。