スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや政治とカネを巡る疑惑発覚!それでも内閣が倒れない不思議

 またまた疑惑発覚ですか。

首相側「子分」に裏金か 15年衆院選、熊田議員側へ200万円

 鳩山由紀夫首相側の偽装献金事件で起訴された元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)が平成15年の衆院選の際、大阪1区から立候補した民主党の熊田篤嗣衆院議員(民主党)側に現金200万円を渡したと、複数の関係者が産経新聞の取材に証言した。資金の授受は鳩山、熊田両氏側の政治資金収支報告書などに記載されておらず、証言通りなら裏金といえる。鳩山氏は国会で「いかがわしいお金を子分づくりのために回したことはない」と答弁しているが、その信憑(しんぴよう)性に疑問が浮かんだ。

 関係者の証言によると、当時公設第1秘書だった勝場被告は15年11月の衆院選が公示される直前の10月中旬ごろ、大阪1区から初出馬した熊田氏の大阪市内の自宅兼事務所を訪れた。勝場被告は応対した事務員に名刺を渡し、「鳩山事務所からの陣中見舞いです。領収書はいりません」と言って封筒を渡したという。

 勝場被告が事務所から帰った後で事務員が封筒の中身を確認すると、新札で100万円の束が2つ入っていたという。現金は熊田氏の支援者を通じ、熊田氏本人に手渡されたという。

 鳩山氏と熊田氏の関連政治団体の政治資金収支報告書や、選挙運動費用の収支報告書には、いずれも該当する記載がなく、政治資金規正法や公職選挙法違反の疑いがある。ただ、いずれもすでに時効が成立している。

(後略)
(MSN産経ニュースより転載)


 それにしても、「政治とカネ」の問題が次から次へと出てきますな。

 ・鳩の偽装献金
    ↓
 ・汚沢のゼネコン各社による違法献金
    ↓
 ・小林議員の北教組からの違法献金
    ↓
 ・鉢呂議員の北教組献金の虚偽記載
    ↓
 ・小林議員の北教組からの違法献金
    ↓
 ・興石の農地法違反
    ↓
 ・鳩の裏金     ←今ここ

 これが自民政権ならば、とっくに内閣倒れています。
 この事実一つ取っても、民主党の面の皮の厚さとマスゴミ報道の偏向具合がよく分かりますわ。

 そう言えばこの前外食した時に、近くに座っていたオバサンの会話が耳に入ったんですが、
「鳩山さん可哀想」
「自民党はもっと酷かった」
な~んてこと言っていました。
 世間一般の受け止め方って、まだこの程度なのか、と暗澹たる気持ちになったんですが、ネット等で積極的に情報を仕入れる人と、マスコミに踊らされている人との意識の差は決定的なものがあるようですね。
 オバサンに一応反論しておくと、確かに自民党も政治とカネの問題については酷かったですが、きちんと自浄作用が働いていました。民主党みたいに党幹部がこぞって擁護する、なんてことはありませんでしたから。

 さて、さっき民主党の疑惑を簡単に列挙しましたが、ついでに、こんなのもあります。

酒気帯び運転の元教諭 懲戒免職を停職6カ月に「処分は過酷」 山梨

 山梨県人事委員会は26日、飲酒運転を理由に懲戒免職処分となった県立学校の元教諭の男性(45)について「処分は過酷で、妥当性を欠く」として停職6カ月の処分に修正した。
(中略)
 県教育委員会は同12日、男性を懲戒免職処分としたが、男性側が飲酒から約8時間たっており、処分は重すぎるとして不服申し立てしていた。

(MSN産経ニュースより転載)

 酒気帯び運転で懲戒免職って、今時の公務員なら当たり前だと思っていました。
 山梨の教職員ですか…
 興石って、確か山教組出身ですよね?この男性教諭の「不服申し立て」って、教育委員会に対してだけですかね?






【告知1】 
「過去現在未来塾」発足記念講演会

 国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されています。
 そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように中山成彬元文科大臣を塾長に、「過去現在未来塾」が創設することになりました。
 その発足記念講演会が、下記で行われます。

日比谷公園野外音楽堂
平成22年4月10日午後2時~6時まで




どう考えても民主政権の方が酷い、と思われた方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

生方氏の解任撤回から垣間見える民主幹部の醜態

 民主党をナチスドイツみたい、と批判した議員がいましたが、こりゃ、まるでナチスどころか北朝鮮のようですな。

生方氏の解任撤回 小沢氏も支持率低下、世論の批判にたえられず

(前略)
 小沢氏は23日、世論の反発を受けて、生方氏解任の撤回に追い込まれた。「独裁者」のように振る舞ってきた小沢氏の方針転換は小沢執行部の求心力低下の表れだ。また、同日昼までは生方解任論を振りかざしていた党幹部らが、小沢氏の変心を知ると、手のひらを返したように迎合して主張を変えた。今の多くの民主党幹部らの「何でも小沢氏しだい」という姿が改めて浮き彫りになった。

 小沢氏が解任撤回に動いたのは23日朝になってから。小沢氏と22日に電話で話し合った幹部は「昨日はそんなことはなかった」と語る。

 だが、内閣支持率は「ジェットコースター並み」(安住淳衆院議員)に下がりだしている。「北海道教職員組合の幹部が刑事告訴された小林(千代美民主党)衆院議員はおとがめなしで、小沢氏をインタビューで批判しただけの生方氏がクビになるのはバランスを欠く」(与党幹部)との批判が広がれば、支持率低下が進み、鳩山-小沢体制への批判が急拡大しかねなかった。(中略)
 小沢氏は23日昼過ぎ、衆院本会議を抜け出し、輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長、高嶋良充筆頭副幹事長に「オレに任せてくれ」と伝えた後、生方氏を呼び出した。

 これに先立ち、鳩山由紀夫首相も同日午前、小沢氏に電話で解任撤回を打診し、意見が一致していたとされる。解任方針のあまりの評判の悪さや週末のテレビで生方氏が引っ張りだこだったことに、2人は危機感を募らせていたのだ。

 一方、続投撤回を知るまで幹部らは生方批判を展開した。
(中略)
 だが、小沢氏の変心を知った後の党幹部らは、(中略)ほとんどが態度を豹変させた。全員一致で解任を決めた副幹事長の間からも、滑稽にも「生方さんを慰留しよう」との声が出た。役員会では「閣僚の党(小沢執行部)批判が目に余る」(高嶋氏)との反発も出た。

 解任の急先鋒だった幹部は「これが大人の解決や!」と小沢氏の判断を絶賛。
(中略)
 高嶋氏は会見で「雨降って地固まる」と述べたが、生方氏は「雨が降ったらぐしゃぐしゃになる。簡単に固まらない」と、今後も党内外で小沢氏批判を続ける姿勢を示した
(MSN産経ニュースより抜粋転載)

 何より、党幹部のほとんどが一々汚沢の顔色を伺い、目を付けられないように、粛清の対象とならないように行動する様が端的に表れています。
 こいつら(というか、民主党の大多数の議員)が、「国民の生活が第一」ではなく、「自分の地位が第一」なのがよく分かります。

 さて、前回書いたように、生方氏の解任を撤回させた結果どうなるか、と言えば、反小沢議員のなりふり構わぬ執行部批判が繰り広げられ、収集がつかなくなるでしょう。
 特に前原国交大臣など、幹部の間からこうした批判が噴出すれば、同調するヒラ議員も多いのではないでしょうか。
 既に、政調の廃止や議員立法の廃止、さらには幹部連中の不祥事などで、不満のマグマは溜まっています。
 あとは第2の生方が現れるのを待つだけ、となりました。
 もはや鳩山内閣が総辞職し、汚沢が(表面上の)幹事長を辞任するだけでは収まらないでしょう。事は、汚沢の議員生命を奪いかねない事態にまで発展しています。

 何度も言うように、自業自得であり、全く同情に値しませんが。


 さて、産経ニュースのタイトルにもあったとおり、汚沢といえども支持率、世論の動向には抗えなかったようですが、万が一参院選で民主党が参議院で過半数を盗るような事態になってしまったら、恐らく汚沢は支持率など気にせずにやりたい放題し始めると思います。
 何せ、次の選挙まで3年間あるわけですから、その間に一党独裁体制を築くことは十分可能だからです。
 有権者のバランスのとれた判断が必要となっているのです。






汚沢独裁を完成させないためにも、参院で民主党を過半数割れに追い込まないといけない、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

台湾の白色テロから日本を考える

 台湾では、63周年を迎えました。

白色テロ63周年

2・28事件 傷癒えぬ遺族
(前略)
 遺族の一部は馬総統が壇上に立つと、無言で退席して抗議した。演壇に立った遺族代表は、「犠牲者である父が、いつ、どこで、どう殺されたのか分かっていない。満足な供養もできない」と述べ、事件解明に向けた対応が不十分として、国民党を強く批判した。
 台北の会場そばでも、多くの遺族関係者らが、馬総統に「辞職しろ」などと罵声を浴びせた。

(後略)
(3月1日付読売新聞より転載)

 なまくらは、漫画家の小林よしのりさんの作品「台湾論」で初めて63年前に起こった2・28事件の事を知りました。
 この事件は、記事中にあるような「武力弾圧」などという生易しいものではなく、阿鼻叫喚の地獄絵図だった、と言われています。

 台湾歴史、228事件真実なストーリ
 台湾の228事件から日本を見る

 戦前は日本領だった台湾。戦後、国共内戦に敗れた国民党軍が大陸から台湾に侵入してきました。
 その時日本人として教育を受けてきた台湾人が見たのは、規律もへったくれもない、賊同然の国民党関係者でした。
 当時、「犬が去って豚が来た」という言葉が流行ったそうです。勿論、「犬」とは日本人、「豚」とはシナ人のことです。犬は番犬として役に立つが、豚は食い荒らすだけだ、という意味だそうです。
 そうして本省人と外省人との軋轢が高まってきたところに起きた小さな事件がきっかけで、抗議デモが発生しました。
 ところが、蒋介石率いる国民党は武力をもって弾圧しました。いわゆる「白色テロ」の始まりです。
 連行された本省人は目を抉られたり鼻を削ぎ落されたりと、残酷極まりない方法で殺害されました。
 日本の高等教育を受けたエリートを中心に犠牲者は推定18,000人~28,000人と言われ、行方不明の者もいまだいるそうです。
 そして発令された戒厳令は李登輝政権が誕生するまで、なんと40年間も継続しました。


 今回の追悼行事は、「弾圧側」だった国民党が政権与党であり、総統は外省人という構図で行われました。
 遺族の思いは語るに忍びないところです。

 ところが、台湾人は先の総選挙と総統選で国民党を選びました。
 ここが、なまくらには理解ができないところです。
 確かに、経済的に停滞し、民進党のスキャンダルも起きてはいました。
 しかし何故、よりによって自分達を弾圧した者達に票を与えたのでしょうか
 李登輝時代に国民党が変わったと思った?馬の容姿や言動に騙された?よく分かりません。

 今やっと、台湾人は自分達の選択の過ちに気付き始めたようです。
 次回総選挙では、国民党は惨敗し、民進党が党勢を回復するでしょう。
 問題は、「次回」があるかどうかです。中国にとって、今が併合への一番のチャンスなのですから。

 台湾のことは、我々日本人にとっても無関心ではいられません。
 親日国であることや安全保障上のこともそうですが、何より日本人自身が今、台湾人と同じ過ちを犯しているからです。
 自民党の醜聞を叩くあまり、よく考えもせずに民主党政権を誕生させてしまった結果、外国人参政権や人権擁護法案など、日本を解体する法案が次々に出されようとしています。
 ただでさえ親中派議員が多い民主党、普通の日本人に対して国民党のような白色テロを起こさない、と断言できるでしょうか?閣僚や党幹部の傲慢な物言いから、次第に独裁への片鱗が伺えるようになった昨今です。
 そして、その背後には中国の陰がチラつきます。

 
 
 


 民主党は独裁政権だ、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 民主独裁政権 - ジャンル : 政治・経済

民主党石井議員が長崎県民を恫喝

 民主党議員がまたしても問題発言です。

石井の長崎県民恫喝


 

↑の1分20秒あたりから


 自分達が政権とったら、いきなりコレですか・・・
 そりゃ、いくらか利益誘導はあるにしても、あまりにも露骨すぎます。というか、あからさまな脅しです。
 というか、石井議員、別の場所でもこんな問題発言をしていたようで・・・

民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」

 民主党の石井一選挙対策委員長は22日、都内で開かれた川上義博・同党参院議員(鳥取選挙区)のパーティーであいさつし、「鳥取県とか島根県と言ったら、日本のチベットみたいなもので、少し語弊があるかもわからないが、人が住んでいるのか。牛が多いのか。山やら何やらあるけど、人口が少ない所」と述べた。

 川上氏が夏の参院選に向けて鳥取選挙区の候補者を発掘したため、保守地盤の鳥取での活動を評価した発言とみられる。しかし、会場からは「失礼だ」との声もあがった。

(読売オンラインより転載)

 自民党も審議拒否なんてしている場合じゃないぞ。こういう問題をどんどん国会で追及してくれ。
 そして、国民も時代に逆行するような政策をされるのなら、民主党に対してそれなりの姿勢を示すべきだろうと思います。


 やっぱり民主党政権はダメだ、と思われる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 民主独裁政権 - ジャンル : 政治・経済

驕る民主党「少数意見は黙れ」

 民主党の驕りもここまできたか、という感じです。

「社民党、おとなしくして」中井国家公安委員長

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は20日、水戸市で開かれた民主党茨城県連のパーティーであいさつし、国民新党の亀井静香代表と社民党の福島瑞穂党首について、「よくしゃべる。党の大きさに合わせて、もうちょっとおとなしくしてくれたらいいのになと、毎日思っている」と発言した。同時に「こういうことを言うと連立政権が壊れるので、うまく議論しながら期待に応えられるよう頑張っていきたい」とも付け加えた。
(MSN産経ニュースより転載)


 党の大きさは民意の表れ、と言いたいのだろうが、そもそも旧社会党など「少数派」を基盤に成立したのはどこの政党だ?
 それに、第一党といっても高々国民の4割ちょっとの意志を具現化しただけに過ぎません。
 その4割にしたって、民主党に白紙委任したわけじゃありません。
 それなのに、衆院の3分の2に迫る議席を確保したからといって、よくもまあここまで増長するものです。

 大体、社民党のような「ノイジーマイノリティ」を説得できないからこういう事態になっているわけで、そもそも民主党幹部の説得能力が欠如している証左では?
 つまり中井氏のこの発言は、裏を返せば「自分達はロクに反対意見を説得する術を持ちません」「力関係が全てです」と言っているようなもので、恥晒しもいいところです。
 党全体が汚沢の意志に逆らえないのもむべなるかな、でしょうか。

 こういう政党が政権を盗る国のままでは、やがて社会にも影響がでてくるでしょう。すなわち、「多数意見が全て正しい、自分が間違えていると感じても口には出さない」「上司や人事部の言うことには異論を挟まない」「喧嘩の強い奴の言うことをきく」という風潮が蔓延するのではないか、と危惧します。
 そして「少数意見者は黙っておけ」という政党が内閣府の外局に設置しようとしているのが「人権侵害救済機関」なのだから、喜劇です。(決して笑えませんが)

 こういった政党が「人権侵害救済法案」を成立させてしまった後、この国の「表現の自由」がどうなるかは、推して知るべしではないでしょうか。




 最後の一文に同調してくださる方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。