FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏向マスゴミのテンプレート

 当ブログや「博士の独り言」様を始めとする保守系ブログをご覧の皆様は、十分に御承知のこととは思いますが、マスゴミの偏向報道、独善性、二重基準(ダブルスタンダード)は酷いものです。
 単に「反権力」を自認しているだけなら、それはそれで説明がつくかもしれませんが、公正中立を謳っておきながら特定の政党、団体に肩入れする報道が目に余ります。

 そんなマスゴミフィルターのテンプレートが某巨大掲示板に掲載されており、面白かったので転載します。

【自民政権 vs 民主政権 偏】
自民と民主の同じ行動でも、テレビメディアのフィルターにかけるとあら不思議・・

自民:ぶれている
民主:柔軟/現実路線

自民:独裁だ/まるでヒトラー
民主:豪腕だ/リーダーシップがある

自民:統率力がない
民主:開かれている

自民:強行採決
民主:迅速採決

自民:劇場型選挙/刺客戦略
民主:高等な選挙戦術/上手い候補者選び

自民:派閥政治
民主:グループ(しかも緩やかな集まりでサークル活動みたいなもん・by鳥越俊太郎)政治

自民:格差社会を象徴する首相私邸
民主:華麗なる一族

自民:閣内不一致
民主:閣内に温度差



【日本経済はおしまいです 偏】
円高⇒ 輸出企業壊滅で、日本経済はおしまいです。
円安⇒ ドル建てGDP減少で、日本経済はおしまいです。


株価上昇⇒ バブルの上、世界各国の上昇率に比べると、下落しているのも同じです。
         日本経済はおしまいです。

株価下落⇒ 日本経済はおしまいです。

GDP上昇⇒ 実感なき経済成長に過ぎません。日本経済はおしまいです。
GDP減少⇒ 日本経済はおしまいです。

世界経済拡大⇒ 日本の存在感がなくなり、日本経済はおしまいです。
世界経済縮小⇒ 外需依存の日本経済はおしまいです。

物価上昇⇒ インフレで日本経済はおしまいです。

物価下落⇒ デフレで日本経済はおしまいです。

日本が米国債を増やした⇒ 日本はアメリカの飼い犬で、日本経済はおしまいです。

日本が米国債を減らした(現実はこっち)⇒ アメリカへの影響力が薄れ、日本経済はおしまいです。

中国株価下落⇒ 調整です。日本経済はおしまいです。
中国株価六割下落⇒ 調整です。日本経済はおしまいです。
中国不動産バブル崩壊⇒ 不動産価格が正常化しています。日本経済はおしまいです。
中国貿易黒字激減⇒ 中国が内需を拡大しています。日本経済はおしまいです。


中国人民元上昇⇒ 中国が存在感を高め、日本経済はおしまいです。
中国人民元下落⇒ 中国輸出企業が興隆し、日本経済はおしまいです。

中国が米国債を増やした⇒ 貿易黒字がとどまるところを知りません。
                  輸出大国と言われた日本経済に明日はありません。

中国が米国債を減らした⇒ ドルへの依存度を減らし、自立経済を模索しています。
                  日本経済に明日はありません。


びっくりするほどマスゴミです。本当にありがとうございました。死ね。


【最早何もできません 偏】
サルでも出来るマスコミ式発言表■

妥協して落しどころを探ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・法案は骨抜きだ

政治に民意を反映させ法案を押し通すと・・・・・・・・一方的だ、独裁だ

部下に大きな権限を与えて任せると・・・・・・・・・・・・丸投げで無責任だ
官邸主導で進めると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・独裁政治は許せない

決断を下すと・・・・・・・・・・・・・・なぜ急ぐのか、慎重に議論すべき
保留すると・・・・・・・・・・・・・・・・また先送りか

支持率上がると・・・・・・・・・・・人気取りの政策
  〃 下がると・・・・・・・・・・・もっと国民の声に耳を傾けよ

靖国に行くと・・・・・・・・・・・・・・近隣諸国の許可を得たのか?軍歌の足音が聞こえる

 〃 行かないと・・・・・・・・・・・国民との公約を破った

閣僚人事の予想があたると・・・新鮮味がない、地味

 〃  〃はずれると・・・・・・・・・またサプライズの手法、実務派を使え

拉致問題に取り組む前・・・・・・北朝鮮との友好を壊すな、拉致は政治的捏造だ
 〃  〃  取り組み後・・・・・なぜもっと早くやらなかったのだ

北朝鮮に強い態度取ると・・・・・なぜ話し合いで解決しようと努力しないのだ
  〃  と協調すると・・・・・・・・弱腰外交はやめろ

規制緩和すると・・・・・・・・・・・・・競争が激しくなり格差社会を助長する
 〃 〃 しないと・・・・・・・・・・・既得権益にメス入れろ

株価下がると・・・・・・・・・・・・・・・景気悪くなった、なんとかしろ
 〃 上がると・・・・・・・・・・・・・・格差広がった、すぐに是正しろ

景気が良くなると・・・・・・・・・・・・企業優遇税制をやめろ、格差社会を是正しろ
  〃 悪くなると・・・・・・・・・・・・景気対策がなおざりだ、社会保障を充実しろ

景気対策をすると・・・・・・・・・・・・バラまきだ
  〃  しないと・・・・・・・・・・・・政府は日本の景気を底上げするつもりがあるのか

増税を唱えると・・・・・・・・・・・・国民をさらに苦しめるつもりか

 〃 行わないと・・・・・・・・・・・・逼迫した財政をどうするのか


【マスゴミ用語集 偏】

・「しかし、だからといって」
 ここから先が本音であるという意味

・「議論が尽くされていない」
 自分たち好みの結論が出ていないという意味

・「国民の合意が得られていない」
 自分たちの意見が採用されていないという意味

・「異論が噴出している」
 自分たちが反対しているという意味

・「政府は何もやっていない」
 自分たち好みの行動を取っていないという意味

・「内外に様々な波紋を呼んでいる」
 自分たちとその仲間が騒いでいるという意味
 あるいは波紋を呼びたいという意味

・「心無い中傷」
 自分たちが反論できない批判という意味

・「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
 アンケートで自分たちに不利な結果が出てしまいましたという意味

・「アジア諸国」
 中国、韓国および北朝鮮の事、それ以外の多くのアジアの国は含まれない

・「ネット上には誹謗中傷が溢れている」
 失語症の躁鬱ニート部落民は首吊って死ねよ





【告知1】 
田母神俊雄講演会

 第29代航空幕僚長・田母神俊雄氏が宮崎県において2回目の講演会を行います。
 題して「誇りある日本を取り戻すためには」。

 日時:平成22年6月26日(土)13:30開演(13:00開場)
 場所:宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)演劇ホール(宮崎市)
 料金:前売券1500円、当日券2000円
 主催:日本の防衛を考える会 宮崎
 共催:日本会議宮崎
 後援:産経新聞九州総局
 チケット取り扱い:メディキット県民文化センターチケットセンター 0985-28-7766(9:00~20:00 月曜休館)
          宮崎山形屋 0985-31-3202
       宮交シティ 0985-51-1311
          ボンベルタ橘 0985-26-4241

 お問い合わせ:「日本の防衛を考える会 宮崎」事務局 代表 須河信子さん
        http://www.mnet.ne.jp/~poetry/boei/





マスゴミ最悪、と思った方は↓こちらのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

「たちあがれ」結党報道から見る、マスゴミの偏向度合い

 新党「たちあがれ日本」が立ち上がりましたが、各紙の反応が案の定というか、イマイチなようで。

新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策 理念の違いで対立も?

 新党「たちあがれ日本」にとって喫緊の課題は夏の参院選への候補者擁立だ。だが、理念の違いが指摘される平沼赳夫代表と与謝野馨共同代表の間で擁立方針をめぐって軋轢(あつれき)が生じる可能性がある。また、結党時メンバーの平均年齢が高く「シルバー政党」のイメージが強いため若手擁立も欠かせない。政界再編の核になるための議席数確保には候補者の質だけでなく人数も重要。15日から始まる候補者擁立作業で、これらの難題を乗り越えられるかが同党の最初の試金石となりそうだ。

 同党の綱領は、平沼氏の政治信条である自主憲法制定と、与謝野氏の持論の安心社会実現が記され、両氏のカラーを混合したものだ。ただ、平沼氏が好む「保守」の言葉がないのは、与謝野氏が抵抗感を示してきたことが影響しているようだ。

 新党結成にこぎ着けることを最優先した結果、綱領や政策では深刻な対立に至らなかった両氏だが、「保守」をめぐる立場の違いが候補者擁立にあたって亀裂に発展する可能性はある。

 平沼氏は10日の記者会見で「保守の力」の結集を訴えた。実際に、平沼氏が同日に擁立する考えを示した中山成彬元国土交通相(66)や独自の「平沼新党」の結党メンバーとして検討していた田母神俊雄元航空幕僚長(61)も「保守派」の人物。これに対し、与謝野氏サイドの擁立は出遅れており、橋本大二郎前高知県知事(63)の名が挙がっている程度だ。

 同党は比例代表に10人以上、さらに、選挙区では東京、大阪など改選3議席以上の選挙区にも擁立を目指すが、候補者選定が平沼、与謝野両氏の主導権争いの場となり、バラバラの選挙戦に突入する可能性をはらんでいる。

 「たちあがれ」は、政党助成法上の政党要件ぎりぎりの5人で結成した。しかし、中川義雄参院議員は参院選に不出馬の意向で、参院選では1人以上の議席獲得が条件となる。さらに「健全な批判勢力を参院につくる」(与謝野氏)ためにも、単独の参院会派を結成できる5人以上の参院議員がほしいところだ。

 また、「シルバー政党」脱却も課題だ。「平沼グループ」の小泉龍司(57)、城内実(44)の両衆院議員や、与謝野氏の側近だった後藤田正純衆院議員(40)らは新党参加を見送ったが、国民の幅広い支持を得るためには、若手擁立がカギを握っている。
(MSN産経ニュースより転載)

打倒民主党など使命は3点…平沼新党旗揚げ会見

打倒民主党など使命は3点…平沼新党旗揚げ会見

 無所属の平沼赳夫・元経済産業相や自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相らは10日、都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結成を発表した。

 結党趣旨として「打倒民主党」「日本復活」「政界再編」の3点を使命として掲げ、平沼氏が代表、与謝野氏が共同代表に就任した。

 今夏の参院選で民主党でも自民党でもない第3極の立場で、与党を過半数割れに追い込み、選挙後に政策を軸とした政界再編を目指すとしている。

 結党メンバーは、平沼、与謝野両氏のほか、自民党に離党届を出した園田博之・元官房副長官、参院議員の藤井孝男・元運輸相、中川義雄参院議員の5人。石原慎太郎・東京都知事も記者会見に同席した。

 平沼氏は、参院選で比例選や改選定数3以上の選挙区を中心に擁立を検討し、1人区、2人区は自民党と協力する考えを示した。また、平沼、与謝野両氏とも、参院選後に小沢民主党幹事長と連携する可能性を否定した。
(読売新聞)


「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編

 平沼元経済産業相と与謝野元財務相らが10日午後、都内で記者会見、新党「たちあがれ日本」の結成を正式発表。代表には平沼氏が就いた。結党趣旨書で(1)打倒民主党(2)日本復活(3)政界再編―を三つの「使命」として明記。結党メンバーはほかに元自民党幹事長代理の園田衆院議員、元運輸相の藤井参院議員、中川参院議員。与謝野氏の肩書は「共同代表」になった。
(共同通信)

たちあがれ日本結党 石原氏「年寄りとバカにするな」

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが10日、新党「たちあがれ日本」を結成した。平沼氏が代表、与謝野氏が共同代表に就任し、結党趣旨に「打倒民主党」「日本復活」「政界再編」を掲げた。参院選では比例区と東京など複数区で候補者を擁立し、1人区については、自民党候補を支援する方針。

 新党結成の記者会見には、両氏と園田博之前自民党幹事長代理、藤井孝男元運輸相、中川義雄元内閣府副大臣の国会議員5人と、応援団長を自任する石原慎太郎・東京都知事が出席。会見で平沼氏は「政治生命をかけて日本のために汗をかく。民主党政権による政治はこの国をダメにしてしまう」と主張。与謝野氏は「民主党に政治への哲学はない。自民党には野党として戦う気力がない。反民主、非自民で戦う」と強調した。
(朝日新聞)



 「打倒民主党」と書きますが、どうして先の総選挙で第一党となった政党を打倒しなければいけないのか、その辺を伝えていない為、読者にはピンときません。
 勿論、分かっている人には分かっているのでしょうが、きちんと「国の主権を脅かす永住外国人に対する地方参政権の付与や家族を解体してしまう夫婦別姓法案などを民主党政権がひそかに進めようとしており、その危機感から『打倒民主党』を打ち出した」などと書かないと、大多数の読者には平沼氏らの真意は伝わらないでしょう。

 また、個人的に気になるのは与謝野氏の、所謂「人権擁護法案(民主党名:人権侵害救済法案)」や「外国人住民基本法」などの超危険な法案に対するスタンスです。
 これは今のところ、どのマスコミも伝えていない為、「たちあがれ」が真の保守政党かどうか、今一つ見分けがつかない要因になっています。

 「老人党」など、どうでもいいことで揶揄するより、もっと報道すべきことがあるはずです。

 



【告知1】 
田母神俊雄講演会

 第29代航空幕僚長・田母神俊雄氏が宮崎県において2回目の講演会を行います。
 題して「誇りある日本を取り戻すためには」。

 日時:平成22年6月26日(土)13:30開演(13:00開場)
 場所:宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)演劇ホール(宮崎市)
 料金:前売券1500円、当日券2000円
 主催:日本の防衛を考える会 宮崎
 共催:日本会議宮崎
 後援:産経新聞九州総局
 チケット取り扱い:メディキット県民文化センターチケットセンター 0985-28-7766(9:00~20:00 月曜休館)
          宮崎山形屋 0985-31-3202
       宮交シティ 0985-51-1311
          ボンベルタ橘 0985-26-4241

 お問い合わせ:「日本の防衛を考える会 宮崎」事務局 代表 須河信子さん
        http://www.mnet.ne.jp/~poetry/boei/





平沼氏に期待しつつ、マスゴミ最悪!、と思う方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

平沼新党の目的を歪曲するマスゴミ

 なまくらも愛読している政治ブログ「博士の独り言」において、マスコミの腐った性根が浮き彫りにされています。
(以下、転載)

(前略)
 これについて、読者が、エールとともに、平沼赳夫氏に次の質問をメールを送付した、とのお知らせをいただきました。お知らせに感謝します。読者ご指摘の報道傾向について、筆者も同感です。事実を知る上で、新党の政策の方向性については、後に、小ブログからも取材、確認させていただこうと考えています。
-------

(以下、読者よりいただいたコメントより)

 どうして、外国人参政権や夫婦別姓を政策として主張しないのかと問いましたところ、下記のような返事を頂きました。マスコミは消費税ばかりを取り上げて新党を潰す気です。

(以上、読者よりいただいたコメントより)
-------

(以下、読者転記)

 メール有難うご座いました。憲法改正の他、外国人地方参政権反対、夫婦別姓反対等も政策に入っていますが、マスコミは取上げません。これからも力を入れて主張して参ります。衆議院議員 平沼赳夫

以上


 いかがでしょうか。財政再建派と積極財政派の「数合わせ」、そして平均年齢の高さばかりあげつらうマスゴミですが、かれらマスゴミの隠された意図がよく分かります。
 読者の方、お疲れ様でした。






【告知1】 
「過去現在未来塾」発足記念講演会

 国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されています。
 そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように中山成彬元文科大臣を塾長に、「過去現在未来塾」が創設することになりました。
 その発足記念講演会が、下記で行われます。

日比谷公園野外音楽堂
平成22年4月10日午後2時~6時まで


【告知2】 
田母神俊雄講演会

 第29代航空幕僚長・田母神俊雄氏が宮崎県において2回目の講演会を行います。
 題して「誇りある日本を取り戻すためには」。

 日時:平成22年6月26日(土)13:30開演(13:00開場)
 場所:宮崎県立芸術劇場(メディキット県民文化センター)演劇ホール(宮崎市)
 料金:前売券1500円、当日券2000円
 主催:日本の防衛を考える会 宮崎
 共催:日本会議宮崎
 後援:産経新聞九州総局
 チケット取り扱い:メディキット県民文化センターチケットセンター 0985-28-7766(9:00~20:00 月曜休館)
          宮崎山形屋 0985-31-3202
       宮交シティ 0985-51-1311
          ボンベルタ橘 0985-26-4241

 お問い合わせ:「日本の防衛を考える会 宮崎」事務局 代表 須河信子さん
        http://www.mnet.ne.jp/~poetry/boei/





平沼氏に期待しつつ、マスゴミ最悪!、と思う方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

「赤旗」配布無罪判決でこうも違うマスゴミの社説

 身内にやさしいアカヒ新聞が、またまた珍社説発表です。


赤旗社説


 「昔はイデオロギー対立があり、公務員の政治活動を厳しく取り締まる必要はなかったが、今は民主主義が成熟し、表現の自由の方が大切になった」とありますが、保革のイデオロギー対立は未だに国会内で続いており、冷戦が終結したのも欧州限定の話です。中国や北朝鮮などの左翼全体主義国家が隣にある状況下で、民主党や社民党、共産党はその影響を強く受けています。そんな状況で、「民主主義が成熟した」などとは口が裂けても言えない筈ですが・・・?

 また、「いかにも軽微な行為を罪に問うことが横行すれば、社会が委縮する」などと書き、それが「民主主義の妨げ」と主張するのはいかがなものでしょうか。
 駄菓子1個万引きしようが、何百万円もする宝石を盗もうが、窃盗という罪には変わりありません。
 軽微な行為を罪ではない、と言うならば、それこそ権力に裁量の余地が出来、中国のような「袖の下文化」の下地を作ることになるのではないでしょうか?
 それとも朝日は、横行する民主党の政治資金規正法違反について、「民主主義の妨げ」になるから捜査をやめろ、と暗に主張しているのでしょうか?


 それでは、こんな駄回答の社説よりもよっぽどましな模範解答を提示して終わりにしたいと思います。


【主張】公務員の赤旗配布 適正さ欠く逆転無罪判決

 公務員でありながら共産党機関紙「しんぶん赤旗」を配った行為が問われた元社会保険庁職員に対し、東京高裁は1審の有罪判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

 高裁判決は、公務員の政治活動を制限した国家公務員法そのものは合憲としつつ、機関紙を郵便受けに配った行為まで罰するのは表現の自由を保障した憲法に違反するという趣旨だ。その理由を「被告は管理職ではなく、休日に自宅近くで、公務員であることを明らかにせず、無言で配布したにすぎない」としている。

 しかし、最高裁は昭和49年、郵便局に勤める全逓組合員が社会党(当時)候補の選挙運動を行った行為が国家公務員法違反に当たるとして、有罪判決を言い渡している。その後、公務員の政治活動をめぐり、この判断が踏襲されてきた。今回の高裁判決はこれを大きく踏み出しており、疑問だ。

 高裁判決は、最高裁判決以降、冷戦の終息などに伴って国民の法意識や公務に対する意識が変わり、公務員の政治的行為にも許容的になってきたとしている。だが、いまなお、日本の周辺は中国の軍拡や北朝鮮の核開発など新たな脅威も生まれている。

 最高裁判決のころと時代が変わったことは事実だが、高裁の判断は少し一面的ではないか。当時も今も、公務員に政治的中立性が求められる状況に変わりはない。最近も北海道教職員組合(北教組)の違法献金が発覚し、公務員の政治的行為に対する国民の目はますます厳しくなっている。

 高裁判決は、機関紙配布が「中央省庁の幹部のように地位が高く、大きな職務権限を有する者によって行われた場合」は別論だとしているが、この判断も問題だ。公務員は管理職であろうと一般職員であろうと、公のために奉仕する義務を負っている。地位や身分にかかわらず、政治活動を制限されるのが法の趣旨である

 また、高裁判決では「日本の国家公務員の政治的行為の禁止が諸外国より広範なものになっている」として、世界基準の視点などから再検討を求める異例の付言もした。その場合も、まず国益を踏まえることが重要だろう。

 地方公務員や公立学校の先生の違法な政治活動に罰則はないが、行政処分が科される。今回の判決が公務員全体の職場規律などに与える影響が懸念される。上告審での適正な判断を待ちたい。
(MSN産経ニュースより転載)














【告知1】 
「過去現在未来塾」発足記念講演会

 国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されています。
 そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように中山成彬元文科大臣を塾長に、「過去現在未来塾」が創設することになりました。
 その発足記念講演会が、下記で行われます。

日比谷公園野外音楽堂
平成22年4月10日午後2時~6時まで






身の安全を守るのに、民主政権は当てにできない、と思われた方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 裁判 - ジャンル : 政治・経済

NHKが受信料不払い地獄に堕ちるとき

受信料不払い訴訟 NHK初の敗訴で待ち受ける地獄
2010年03月23日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

 NHKが大ピンチだ。受信料の不払いをめぐる訴訟で19日、初の「敗訴」を言い渡された。

 NHKが支払いを求めて訴えていたのは、03年から4年4カ月にわたり受信料を支払わなかった札幌市内の男性A氏。NHKは未払い分約12万円を請求したが、A氏側は「妻が勝手に自分の名前で受信契約書に署名しただけ」と反論。札幌地裁も「A氏は妻に契約の代理権を与えていない」と見なし、「契約無効」の判決を下したのだ。

 NHKはすぐに控訴したが、関係者は「このまま1審判決が覆らなかったらヤバイぞ」と真っ青になっている。

「これまでの受信料支払い訴訟は、全国の簡裁で27件、地裁で1件、いずれもNHKの勝訴でした。しかし今回、もっとも負けたくないケースで敗訴してしまった。これは致命的です。何しろ、NHKの受信契約は日中に行われることが多い。夫が留守の間に契約を迫られた妻が夫の名前で署名した家庭はゴマンとある。今後、全国で支払い督促に異議申し立てが殺到すれば、NHKはそれこそ訴訟地獄になります。受信料を取り損ねるばかりか、途方もない裁判費用が必要になるから、督促をあきらめざるを得ません」(NHK関係者)

 誤算はもうひとつある。NHKは昨年10月、不祥事で激減していた受信料率の回復のメドが立ったとして、凍結されていた海老沢勝二元会長の退職金3146万円を支払うことを決めた。3分の1に減額されたとはいえ、NHKの信頼を地に落とした海老沢元会長への退職金には批判も多い。この敗訴が受信料率回復に水を差せば、「退職金は見切り発車だったんじゃないか」と非難が噴出しかねないのだ。

 つくづく危機管理のなっていない組織である。

(ライブドアニュースより転載)


 この「契約無効」判決は大きいと思います。
 つまり、たとえTVが家にあり、放送を受信できる環境にあったとしても、契約しなければNHK受信料の支払い義務は無い、と司法が初判断を下したのと同じだからです。

 NHK特集「JAPANデビュー」シリーズ第1回における、日台友好を引き裂きかねない極悪の捏造・歪曲報道をきっかけにしたNHK解約運動ですが、司法の支援を受けてますます勢いづきそうな予感がします。
 このまま高裁、最高裁判決も「契約無効」が言い渡されれば、NHKは決定的なダメージを受けることになるでしょう。
 つまり、TV視聴停止→NHK解約→NHK再契約せず→合法的に受信料を不払い
という流れができるかも知れないのです。(なお、未契約のままでのTV視聴を勧めているわけではありませんので、御注意を)
 因みに、NHKの解約方法は簡単です。
 NHKに電話して、「TVを破棄したので解約します」と伝えるだけです。
 破棄理由や今後の購入予定などをしつこく聞いてきますが、壊れるなど、物理的に視聴できないこと、購入予定がないことを簡潔に伝えれば良いです。それでもウダウダ言うようなら、こちらも壊れたテープレコーダーのように、同じ科白を何度でも伝えれば良いです。ただし、あくまで自己責任で。

 長年、受信料収入に胡坐をかいて、日本人を貶める放送を垂れ流し続けたNHKですが、これを機に内部からの改革が起こることを切に願います。





それにしてもNHKざまぁw、と思われた方は↓こちらのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。