FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブログ開設】 目の前にあった山が急に消え、大きな世界がひろがった

倭(やまと)は 國のまほろば たたなづく 青垣(あをかき) 山隠(やまこも)れる 倭しうるはし 

 皆さん、初めまして。
 これから当ブログを主催していきます、な ま く らと申します。
 当ブログ『まほろばの國を目指して』は『みやchan』で開設していたブログ『GO!GO!ワイドを斬る!』の後継ブログと位置付けております。

 前ブログとは違い、全国ニュースや大新聞の批評を始め、政治・経済ニュースを手広く扱っていきたいと思います。

 さて、初めてわたしの存在を知った方の為に、簡単に人物紹介をしておきたいと思います。

な ま く らの政治的立ち位置は、基本的に「保守」です。

 高校を卒業する頃までは、テレビや親等、周囲の影響もあって「リベラル」もしくは「サヨク」でしたが、大学時代に『ゴーマニズム宣言』に出会い、価値観の変化が生じました。
 このときはまだ、南京事件や慰安婦問題など、歴史上の事件について「なかった派」になったに過ぎませんでした。

 その後、クロフネ氏のブログ『外交と安全保障をクロフネが考えてみた。』に出会い、政治ブログというものの存在を知ったことで、政治に関心を持つようになりました。
同時に、自民党、民主党等が政党という枠で保革の識別が出来なくなっている事、人物本位でないと評価できない点にも気付きました。今から3年ほど前の事です。

 平成21年7月、『みやchan』にて前身ブログ『GO!GO!ワイドを斬る!』を開設、本格的に言論活動に乗り出しました。
 9月、宮崎を活動の中心地とする草莽の会『ニッポンの支点を考える会』と初接触し、以来、複数の政治家や日本会議などの団体員の方々と接触する機会をいただいております



 支持するブログとしましては、特に三橋貴明氏の『新世紀のビッグブラザーへblog』、博士氏の『博士の独り言』、ねずきち氏の『ねずきちの ひとりごと』の3ブログを精力的に応援させていただいてます。

 既存メディアは基本的に嫌いです。産経新聞も、「他よりはマシ」程度の認識です。
 ブログ内でマスコミを叩くときに引用するのは、大抵の場合、朝日新聞かTBS系列ラジオ・MRT(宮崎放送)ラジオになると思います。

 週2回以上の更新を目標に活動していきたいと思います。



 さて、タイトルの「目の前にあった山が急に消え、大きな世界がひろがった」は、とある中国人大学生の言葉です。

 彼は最近、友人に勧められ、グーグルを通じて米国に本部がある中国語の大手ウェブサイトを覗いたそうです。
 以来、時間さえあればアクセスを試み、繋がったときにはそのサイトにある中国の政局を分析する記事や共産党一党独裁を批判する論文を貪るように読んでいるといいます。
 そのときの感想が、上記の言葉だったそうです。

 な ま く らが初めてネット上で政治問題に触れたときも、同じような感覚を覚えました。
 そして彼同様、「都合の悪い言論を遮断する当局(マスコミ)のやり方」に疑問を覚えはじめたのです。
 今、わたしの身の回りで「WaiWai事件」や「JAPANデビュー問題」を知る人は殆どいません。NHK始め、既存マスメディアが揃って情報を封殺してしまったからです。
 もし、「WaiWai事件」がTV各局のワイドショー等で大きく扱われたならば、もしかしたら今頃、毎日新聞という会社は消えてなくなっていたかもしれない、それほど重大な事件にも関わらず、事件を取り上げた新聞、TVは皆無でした。
 ここに、マスコミの「死んでも治らない」病巣があるような気がします。

 な ま く らは、言論の自由を守る為に、これまでも、そしてこれからも国民に有益な、そしてマスコミに不利益な情報を配信していきたいと思います。

 どうか、応援宜しくお願いします!

 なお、上記コラムはMSN産経ニュース『検閲問題 中国に広がるグーグル支持の声(1月20日記事)』より引用しました。


人気ブログランキングへ






現在の閲覧者数:

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。